アトピーは乾燥すると悪化してしまう|こまめな保湿とケアを

目元にボリュームを

化粧する女性

まつげを増やすには、栄養がたっぷり入った美容液がおすすめです。日頃のメイクで弱っているまつげに、栄養を与えて強くする効果があります。また、マスカラの前に利用する事で、ダメージを防ぐ事が出来ます。まつげは刺激を受けやすいので、美容液で保護する事が大切です。

もっと見る

安定化されたビタミンc

容器

ビタミンc誘導体というのは、そのままで肌に塗るには不安定なビタミンcを、内部まで浸透させやすくしたものです。抗酸化や美白、アンチエイジングなどの様々な機能を持ち合わせていて、スキンケアアイテムに多く含まれています。大きく分けて水溶性と油溶性、その両方を持ち合わせた物の3つの種類に分けられます。

もっと見る

ゲルの美容効果

フェイス

肌の甘やかしすぎやスキンケアのしすぎを控えれば、肌本来の機能が復活してシワやたるみに強くなります。メディプラスゲルはノンケミカルで肌に優しく、保湿効果が高いのが特長です。シンプルケアをするには最適のオールインワンゲルです。

もっと見る

肌のトラブル

2人の女性

子どもから大人まで

アトピーという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。身近にもアトピーで悩んでいる人がいると思います。アトピーとはどのような症状で、何が原因で起こってしまうのでしょうか。アトピーの正式名称は、アトピー性皮膚炎といいます。イメージとして、幼い子どもに多く発症するものだと思われていました。しかし、最近では大人にも多く発症しています。主な症状は、赤い湿疹が顔全体や耳の後ろにできてしまいます。さらに肘や膝の裏に湿疹ができるケースもあります。多くの人を悩ませる特徴は、なかなか治らないということです。非常に強い痒みに襲われるため、多くの人が掻きむしってしまいます。その結果、さらに症状を悪化させてしまうのです。

治すために

アトピーは、正しいケアを行わなければ、さらに悪化してしまいます。特徴として、水分量が低く、乾燥しやすいというものがあります。そのため、保湿をすることが求められます。使用する化粧品は、一般的なものでは刺激が強すぎる場合があります。アトピー肌に特化した保湿化粧品を選ぶことから始めましょう。しかし、どの化粧品を選べば良いのかわからない場合もあります。まずは化粧品の成分をチェックします。効果が期待できる成分として有名なのが、ヒアルロン酸やコラーゲン、天然保湿因子です。これらの成分が入ったもので、肌の奥まで浸透するタイプを選びましょう。アトピーの中にも軽い症状から重い症状まであります。症状に合わせて、化粧水とクリームを上手に使い分けて保湿を行うようにします。